垂井の小学6年生が英語でインタビュー!? 修学旅行課題のお手伝いに行ってきました〜前半編

2019年11月30日 
カテゴリー:すべて,イベント

こんにちは。AES英会話のChiharuです。

垂井の小学6年生の修学旅行課題(英語でインタビュー)のお手伝い報告を前半・後半編に分けてお届けします。

 

ローレンス先生は小学校でも英語を教えています♪

 

AES英会話スクールのローレンス先生は、毎月1回垂井町の小学校で英語レッスンをしています。

 

小学5年生と6年生のみですが、休み時間には他の学年の子とも遊ぶこともあるそう。

 

ひと月に1小学校一度だけのレッスン。少ない頻度ですが、ネイティブの先生からレッスンを受けられるとは、私の小学生時代とは大きく環境が代わっています。

 

いつもと違う先生が来るって、子供たちも興味津々、ドキドキするでしょうね♪

 

「日本語話せるのかな?」「どんな人だろう??」「話してみたい!」

 

などと考えるかな?

 

ローレンス先生は、とっても気さくな先生です。廊下で見かけたら話しかけてみてね!

 

さて、今回はそんな小学校の英語授業に参加する機会をいただきました。

 

2019年10月28日、修学旅行を間近に控えた、垂井東小学6年生2クラスの英語授業。

 

修学旅行で行う「外国の方へ英語でインタビュー」の練習のお手伝いにボランティア6人で参加です。

垂井の小学校で英語ボランティア AES英会話
 

修学旅行で外国の方へ突撃インタビュー!

 

垂井東小学校6年生は修学旅行で京都・奈良へ行き、外国の方にインタビューをします。

 

もちろん初対面。どこの国の方かも分かりません。

 

ドキドキのインタビューでは、子供たちは各自で制作したカードを片手に行います。

 

カードは厚紙A4用紙を二つ折りにしたもの。見開くと、左側には、

 

・岐阜県に印がしてある日本地図

・垂井町に印がしてる岐阜県図

・岐阜県の紹介(英文)

 

右側には

 

・子供たちが各自選んで墨で書いた漢字一文字

(華・友・喜など)

・漢字の意味(英語)

 

このような、筆で書いた文字が印象的な、とてもステキなカードです。

 

このカードを見せながら、

 

・自己の名前を紹介

・相手の名前を聞く

・自分がどこから来たか地図を見せて説明

・来た場所を地図に色を塗ってもらう

 

そして、インタビューが終わったら、カードをプレゼント。

 

こんなプレゼントを旅先でもらったら、インタビューを受けた人も思い出に残るだろうなぁ。

 

とても良い企画だと思います。

 

私たちは修学旅行の数日前、このインタビューの練習のお手伝いをさせて頂きました♪

 

外国の方になりきります。私はアナスタシア・ロシアンスパイ

 

ローレンス先生&5人のボランティアが生徒たちの練習相手です。

 

私たちはみーんな日本人ですが、ローレンス先生の作ったカードにしたがい、外国の方になりきります!

 

私はこちら!

 ↓


名前はエミリー

ニュージーランドから来ました。

仕事を辞めたところで、何か新しこと、エキサイティングな変化を求めて日本にやってきたのです!

 

こんな設定も!

 ↓

垂井の小学校の修学旅行 英語準備
名前はアナスタシア

ロシアからやってきた。

実はスパイ。日本政府を乗っ取ろうとしてる。

でも、その前に奈良と京都に来たのよ。

 

なんてユニークな人物設定!

 

細部にこだわり、しっかりと準備する所にも、ローレンス先生のスタイルがあらわれています。

 

しかし、ロシアンスパイとは。。。面白い。

 

ドキドキの英語インタビューの練習のようすは後半編で↓ ↓ ↓

垂井の小学6年生が英語でインタビュー!? 修学旅行課題のお手伝いに行ってきました~後半編